OpenStack

OpenStack構築運用トレーニングテキスト - OPCEL認定試験 Ver.2.0対応」を発売致します!

 
「OpenStack構築運用トレーニングテキスト - OPCEL認定試験 Ver.2.0対応」を発売致します。




 (画像クリックで拡大)
    [書籍紹介 (目次,コース概要)]
  • テキストサイズ:B5版
  • テキスト価格:¥9,000-(税別)

 
本書は2018年10月から開始されたOPCEL認定試験Ver.2.0に対応したトレーニングテキストです。
Ver.2.0ではVer.1.0と共通の内容に加えて近年のクラウドの技術動向が反映され、OpenStackのKilloリリース以降、Queensリリースまでに導入された新しい機能に関する内容が出題されます。
本書ではこのような出題傾向に沿った内容と、図を多用した分かりやすい解説により体系的にOpenStackを理解・学習できます。

講師による、標準で4日間のトレーニングコースでの使用を想定した内容ですが、個人ユーザの方が独習することもできるように解説してあります。
RDO Queens版をインストール済みの演習用のDVDが2枚付属しています。
 
※ 本書はOPCEL認定試験のサイトopcel.orgにて学習教材として紹介されています。

内容:

OPCEL認定試験Ver.2.0の試験範囲をカバーし、アーキテクチャ、インストール方法、OpenStackを構成するサービスである、認証、イメージ、ストレージ、ネットワーキング、コンピューティングなどの各機能と設定方法を解説します。
解説の中には実機を使用し、主要サービスの設定と確認を行う実行例が含まれています。
標準で4日間のトレーニングを想定したテキストです。

構成:

[第1部]アーキテクチャとデプロイメント

    1章:クラウドコンピューティングの概念
    2章:アーキテクチャと設計
    3章:インストレーションとデプロイメント
    4章:クライアントアクセス(CUI/GUI)

 
[第2部]コアサービス

    1章:アイデンティティサービス(Keystone)
    2章:ネットワーキングサービス(Neutron)
    3章:イメージサービス(Glance)
    4章:コンピュートサービス(Nova)
    5章:ブロックストレージ(Cinder)
    6章:オブジェクトストレージ(Swift)

 
[第3部]オプショナルサービス

    1章:ダッシュボード(Horizon)
    2章:テレメトリ(Ceilometer)
    3章:オーケストレーション(Heat)
    4章:ベアメタルプロビジョニング(Ironic)
    5章:その他のオプショナルコンポーネント

 



「OpenStack構築運用トレーニングテキスト - OPCEL認定試験 ver.1.0対応」を発売致します!

「OpenStack構築運用トレーニングテキスト - OPCEL認定試験 ver.1対応」を発売致します。
 

  • テキストサイズ:B5版
  • テキスト価格:¥9,000-(税別)

 
OpenStackアーキテクチャの概念的理解と実践的で詳細な技術内容を問うOPCEL認定試験の傾向にしたがった技術解説と、実務で使える技術を身に付けるための実機を使用した演習課題から構成されています。

こちらのテキストはOPCEL認定試験ver.1.0対応です。
※OPCEL認定試験 Ver.1.0は2019年4月9日まで受験可能です。
※OPCEL認定試験 Ver.2.0対応テキストは2019年4月26日(金)に発売開始致します。

本書はOPCEL認定試験のサイトopcel.orgにて学習教材として紹介され、2016年3月28日(月)から4日間の日程で開催された株式会社NGN-SF主催によるOpenStack構築・運用管理(OPCEL認定試験対応)コースで使用されたトレーニングテキストです。(テキストには模擬問題は含まれておりません)

テキスト(演習用DVD付き)単体でのご注文も承っております。